年々好年 日々好


by tomo0326s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:PIPPI( 48 )

足し算引き算

タンタンの誕生日を迎えると、あっ、、もうすぐピッピの誕生日だ・・って思う。
そして、ピッピが生きていたなら今は・・っと、タンタンの年に二つ足し、、
そして、ピッピが側に居なくなった歳を引く(^^ゞ

毎年毎年そんな事を繰り返し、もう?まだ?4年経ったんだなと思う。

a0122208_1731991.jpg

歩き散歩は好きじゃなくて、一日雨が降ったり、用事で簡単歩き散歩になったりすると
次の日はそわそわ、ソワソワして遊びに行こうよと誘われた(^ω^)
そんなもんだから、遊びすぎちゃった(苦笑)
でも、一緒にわくわくして、四季を楽しんで、すっごく楽しかったよ♪


a0122208_17201654.jpg

最近、ピッピが電車を見に行っていた場所にタンタンが連れて行く。。
「君は此処に来ても楽しくないでしょ?」って声をかけるんだけど
タンタンは私を見上げる。忘れちゃったけれど、おやつをあげていたのかな!?そんな覚えないんだけどなぁ~
でも、それしかないよね・・タンタンの狙いは、、っと、一個あげる(笑)





6月9日。
側にいれば16歳。
きっと、来年も足し算、引き算しているんだろうな~わたし。
[PR]
by tomo0326s | 2016-06-10 17:34 | PIPPI | Comments(4)

誕生日だね(^^)

今頃

何しているかな

a0122208_9575823.jpg




写真見ていたら

こんなの見つけた。

a0122208_101818.jpg
つい2,3日前だけど、寝転んでテレビを見ていたら

ちょうどこんな風にタンタンが私の首を枕にグッスリだったんだよ^m^

最近になって、タンタンがピッピと似たような行動をすることが出て来て

寝ている後姿が似てきたりして(思い過ごしか(笑)

ニマニマしています。
[PR]
by tomo0326s | 2015-06-09 10:29 | PIPPI

梅雨空の・・

雲に隙間が・・




落ちてこい(^.^)
a0122208_14505228.jpg

[PR]
by tomo0326s | 2014-06-09 14:53 | PIPPI | Comments(10)

また行ってくるね

10月27日にタンタンと土手に行ったときにピッピに摘んできた野菊とセイタカアワダチソウ。
土手に行けば何か花が咲いているし、見つけると何時も摘んで持って来ていたんだけど、、
今回、ちょっとうれしい感覚?今になって思い出しても妙な感覚。
a0122208_14202244.jpg
28日の朝。

ピッピの水を左手に、花瓶を右手に持って、後ろを振り向いて歩き始めた瞬間

私の左足の側をピッピが私を見ながらニコニコして着いてくる。。

身体は、夕暮れの時に撮った写真のようにぼんやりしていたのだけれど

弾んでいるのが分かった。

台所まで着いて来て、、

えっ!?っていう私の顔を満面の笑みで見上げて

そして、消えた。

不思議な不思議な感覚だった。

今でも、本当の事だったのかな~って思うけど

想い出すとほっこりする。




こんな事を書くと、ばあばさん頭がおかしくなった??
って、思われちゃうかなって思ったけれど・・・・良いかぁ~^_^
[PR]
by tomo0326s | 2013-11-05 14:00 | PIPPI | Comments(10)

月曜日

寒くなった此の頃、タンタンは私の湯たんぽ犬になっています♪

布団を敷いて、掛け布団を持ち上げて、、

もう良いよー

おいでーー

と、呼んでいたら



コツコツと足音立ててやって来たのは

ぴっぴさん

「わー!ひさしぶりだねー。ぴっぴ〜」

と、そんな声を聞こえないかの様に

何時もの様に布団の上でホリホリくるっくるっ♪

相変わらずだなぁ〜って、見ている自分。

ただそれだけの夢なんだけど、

心がずっとほっこりしています。

そう言えば、ちゃんと青いボーダー柄のシャツを着ていましたよ(^^)

a0122208_12463229.jpg


More
[PR]
by tomo0326s | 2012-11-30 12:59 | PIPPI

ゆめのつづき

a0122208_1784513.jpg

14日の午後、転寝をしているときです。

私は庭で草取り?土いじりをしていました。
後ろを振り向いたら、ピッピがルンルンで鉢の側から私を見ている所でした。
(何かの気配を感じたのかな?私。)
これから遊びに行かない!?
悪戯っ子らしい眼をしていました。。

そんな短い夢でした。



15日早朝。4時前でした。

窓を開けようと立った時、右の方に赤ちゃんが寝ていました。
(他所の家でした)
でも、何時の間にかその赤ちゃんがピッピになっていて、、
あ、ピッちゃんはこんな風に寝る時多いもんな〜なんて思いながら
ピッピの顔を何度も両手で撫でながら、おでこをくっつけたりして
ピッピに「会いに来てくれたんだ。」
「会いに来てくれてありがとうね。」って、何度も撫でながら、、
あれ、ピッちゃん、消えないね・・・
なんて思っていたら、すぅと居なくなって・・・
目が覚めました。

もう、寝付かれなくてその日は5時過ぎにはピッピのカラーとタグを握りしめながらタンタンと電々コースへ散歩に出ました。


16日朝です。

私は誰か数人と旅行に出ていました。
どうやら犬連れのようです。
ホテルについて、皆は観光に出掛けると言っていて、
私は、折角犬と来たんだから散歩に行くからと、皆と別れました。
(はは、夢の中でも偏屈ばあさんです(笑))
どうも、此処に着く前に水場で犬達が楽しそうに遊んでいる所を見ていて
そこにピッピを連れて行こうとしていました。
そうしたら、今日は犬は遊べませんと断られて^^;
それをピッピが納得しなくて・・・ガンとして動こうとしない何時もの我がままピッピ♡
そんなピッピに、遊べる所に連れて行くから〜!お出でよーって、、
そうしたら、目の前に若くてすらっとした可愛いジャックが!
多分、男の子だと。
飼い主さんは50代前半位の方でしたけど(何故だか覚えている(笑))
ちょっと、ひやっとしたのですが相変わらずピッピは我関せずでしたが、
その子の近くで(何故か、水が流れてました♪)土に埋もれている木か?石?を引き抜こうと頑張っていました。
その後、そのワンちゃんは先に水場へ行く所で、、
その後を付いて行ったのですが・・・
・・・ピッピとはそこでお別れでした。


目が覚めて、何とも言えない幸せな気持ちでした。


夕方の散歩から帰って
タンタンをたらいに入れたままにして、暗くならないうちにと送り火を焚きました。
ピッピに会いに来てくれたお礼と、又お出で。と声を掛けましたが、
もう、こんな事は無いんじゃないかなと感じたのです。
たらいに入っていたタンタンの所に戻り、ようやく夢から覚めたような、、
自分の意識の中にタンタンがはっきり戻って来たのを感じました。



そうそう、ピッちゃんが食べたいと言っていたものが分かったような!?
鶏ガラスープを作った後に、私は茶の間のテーブルでテレビを見ながら骨から身を取っておやつに上げちゃっていました。(全部ではありません)
それをひたすら待っていて、私が立ち上がると同時にピッピがする仕草だった事を思い出し、16日の朝に何時もと同じ様にして、あげました。
ピッピの写真は数えられない位あるのですが、写真には撮りきれない仕草が多いですね。


a0122208_17491670.jpg

さぁ、タンタンと川遊びに行かなくっちゃーー
ピッピに心配かけないようにしないとね(^^ゞ
[PR]
by tomo0326s | 2012-08-17 17:53 | PIPPI | Comments(8)

ぴっちゃんぱん

ピッピが欲しがっていた物がどうにも気になって、、
私を振り返っている方向が、お勝手では無いし・・
おやつや好物の物は作った時には必ず供えていたし、お刺身の時には連れが必ず供えてお線香立ててくれていたし、、

あっ!!
パンかな??
ピッピ、パンが大好きだったのにずっと焼いてないなぁ〜と思い久しぶりに13日に焼きました。
(ピッピがお空に旅立つ時に焼いた日以来です。。。^^;)

チビ達がお泊まりに来ていたので、皆でピッちゃんに「頂きます!」をして、、
チビ達がピッちゃんのパンだから「ぴっちゃんぱん」と名付けてくれました(^^)♪
「ばぁば、来年のお盆もピッちゃんぱんを焼く?」って、チビ1が聞くので、、、
「ううん、、これからは時々焼くよ!」って、答えました。

a0122208_16171238.jpg
いつものパンです(^^ゞ
私の性格がにじみ出ている出来栄えですが、私の家族には好評なパンです(笑)

ちゃんと、これからは時々焼くからね。

さて、夢の続きへ^^
[PR]
by tomo0326s | 2012-08-17 16:23 | PIPPI | Comments(0)

またね、ピッピ

4月22日の13時、穏やかな天候の中ピッピは空へと旅立ちました。



a0122208_22281488.jpg少し自宅からは遠くなるのですが、先代犬チェリーがお世話になった少し小高い山の森に囲まれた東松山ペットメモリアルパークで立会葬にてお別れをしました。

天候の崩れが心配されましたが、メモリアルパークに到着した頃には小雨も止んで風もなく明るい日射しの中、私達家族は静かにピッピを見送る事が出来ました。

21日の朝に連れがピッピの大好きな川辺から摘んで来てくれた菜の花に囲まれたピッピ。
ピッちゃん、大好きな遊び場の匂いがいっぱいだね、、嬉しいね。





a0122208_22282935.jpg
息子が、メモリアルパークから帰る時に大きな声でピッピを呼んで、しっかり車の中に迎えてから帰って来た我が家。
すっかり身軽になって、遠くまで行って走り回っているかもしれないピッピ。
迷子にならない様にちゃんと帰って来るんだよピッピ。


あまりにも早く逝ってしまったピッピにまだ信じられなくて涙がこぼれます。
でもね、ピッピを思う度にピッピの笑顔しか浮かんできません。

今日も、短い尻尾をプリプリして悪戯っ子のような瞳で何度も私を覗き込むピッピがいます。
[PR]
by tomo0326s | 2012-04-23 23:32 | PIPPI | Comments(2)

ありがとう

a0122208_511482.jpg
4月20日午後2時にピッピが永眠しました。


嘔吐があった16日に治療を受け、次の日に入院し治療を受けていたのですが快方に向かう事がありませんでした。良くなって帰って来ると信じていましたが、ピッピの状態が悪くなるのが早くて、面会に行った亡くなる前日には私に抱っこして来ていたのに、無くなる当日朝には意識も混濁し立ち上がる事も出来なくなっていました。
その時、もう快方には向かう事は無いと分かり私達はピッピを自宅に連れて帰って来る事にしました。
(血液検査では肝臓に関した項目が尋常ではないくらいに平均値から外れていました。最終的には膵炎と言う事でした、、、)

自宅近くさしかかった時、ピッピは信じられないくらいの声で吠えました。
ピッピ、帰りたかったんだよね家に。
帰れて良かったね、ピッピ。

帰って直ぐにベットに寝かせて、一杯撫でて、、、飽きしめて、、
もうピッピは呼吸している事だけでも精一杯だと分かっていたのですが、どうしても大好きな散歩コースに連れて行ってあげたくて、、
電々コースに何時もの様に抱っこして歩き始めました。もう、何も分からないかなと思っていたのに大好きな場所に近づくと足をばたばた動かして大きな声で何度も吠えたのです。
長女がそのピッピの様子に喜んでいるんだよって。。
連れがその様子を見ていて、ピッピの大好きな川辺にも連れて行こう・・・って。
私の車に揺れて、大好きな線路があるコースを走ってもらって、川に着いたとたんに「ワン」と、此処でも大きな声。
直ぐに川近くまで降りて、連れがピッピの大好きな水しぶきの音をたててくれました。

a0122208_51557.jpg
それから自宅に戻って直ぐに息が荒くなりました。
約1時間ほど荒い呼吸が続き・・・大きく苦しそうな深い呼吸を2回。

それが最期でした。

外に連れ出した事で死期を少し早めたのだと思っていますが、その事に対しての後悔はありません。
ただ、出張先から駆けつけてくれた長男がピッピの最期に間に合う事が出来なくて申し訳なかったなと思っています。

チビ達も直ぐにかけつけて来れてタンポポを沢山摘んで来てくれました。

ピッピ、嬉しいね。とっても良く似合っている。

相変わらずの美人さんだよ。

可愛いよ。

大好きだよ。

産まれて来てくれてありがとう。




a0122208_5151210.jpg家族みんなが貴方に出会えて幸せだったよ。

ありがとう。




a0122208_5155035.jpg






a0122208_5191537.jpg











a0122208_519180.jpgピッピの大好きな土手に皆で出掛けて、シロツメグサを皆で摘んで、、

私から、ピッピへの最後のプレゼント。


ピッピとは11年と10ヶ月程を共にして来たのだけれど、もっと、もっと長い時間を共有して来た様に感じられます。
ピッピはとっても元気で楽しい子でした。
幸せで幸せで、、沢山の喜びを貰いました。


ありがとう

ありがとう

いつか

また

あえるね

あおうね

かならずね

いっぱいいっぱいだっこしてあるいたみち

いつものように

ついておいで。



今日13時にピッピは空に旅立ちます。
もし、ピッピが貴方の近くに寄ったら微笑み返してあげて下さい。

散歩の途中にタンポポの花を見かけたら、ピッピの事を想い出してくれれば幸いです。
[PR]
by tomo0326s | 2012-04-22 06:31 | PIPPI | Comments(0)

検診

a0122208_13174651.jpg
退院後2週間目の検診に行って来ました。
ピッピは本当に元気になっているのですが、どうも呼吸が早いのが気になっていて、、
院長先生ではなかったのですが、手術に立ち会っていた先生で色々とお話を聞く事が出来ました。

手術の際に肺は切除はしていないのですが、腫瘍がずっと居座って大きくなっていた為に腫瘍のあった部分の肺が機能していないとの事でした。
胸を閉じる時に空気を入れて閉じるそうなのですが、膨らまなかったそうです。
月日とともに少し改善されるかも知れないとの事でしたので、ピッピ、頑張ろうね!
そして、退院の時にも言われていたのですが胸の部分をぶつけたりしない様にと念を押されて来ました。約2ヶ月は気をつけないといけません。

ピッピの呼吸が今以上に早くなったりしたら再発も考えられるので気にはしていかなければいけないのですが、話しを聞けてスッキリしました。
それならそれで現在のピッピの状態に納得です。

ピッピ、まだまだボール遊びは出来ないけれど(←ピッピが夢中になって我を忘れてしまうため!夢中になって胸をぶつけてしまったら・・・)ふらふら散歩、楽しもうね(^,^)♪


*タンタンの内診と爪切りをして来たのですが、体重が増えていて、、
ピッピもだけど、、、少しお二方共ダイエットしようかな。。。
 (ピッピ、腫瘍が無くなったお陰で直ぐに体重が乗って来る様になりました^^)
[PR]
by tomo0326s | 2012-04-08 13:46 | PIPPI | Comments(0)