年々好年 日々好


by tomo0326s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

・・・・

何からどう書けば良いのか、、
文才のない私としては悩む所ですが書いておかなければ、、
自分の馬鹿さ加減を。

ピッピの病気、胸腺腫には抗がん剤は効果がない事。
その効果がない抗がん剤をピッピに使ってしまった事。
一旦、腫瘍が小さくなった事がありますが、多分、抗がん剤治療の際に服用していたステロイド剤の効果で、そのステロイド剤もだんだんと効果が薄れ、効果は無くなって来るとの事。


ピッピの足の事で行ったセカンドオピニオンにしていた獣医さんで、咳の話しをしてレントゲンを撮りその結果に頭の中が真っ白になってしまいました。
その時点で、このまま治療をしないと数週間後には吐血してもだえ苦しむと言われてしまいました。
生検の結果が出た時に、同じ病気で抗がん剤治療をして治療を止めた後も1年以上再発がない子が居ると言う事。 
外科手術は腫瘍が大きくなっていて無理な状態な事。
抗がん剤治療しかないと言われ、その時ぴっぴの状態も悪く藁にもすがる思いで安易に抗がん剤治療を始めてしまいました。

大きな病気の時には今までなら、他の病院にも必ずと言っていい程診てもらっていたのに、、

その後、ちゃんと病気の事を知るべきだったのにパソコンに蓋をしてしまった事。
本当に本当にピッピには辛い事を繰り返してしまいました。


胸腺腫と言う病気が本当に稀で、ピッピが手術を受けた病院は患犬が多いのですが、それでもピッピが3頭目だそうで、、
この大きな腫瘍を胸に抱えたピッピの手術を受けてもらえたと言う事は運が良かったと言うか、奇跡に近かったと思っています。
もうすぐ12歳を迎えるピッピに積極的な治療をする事を決めた後にも迷いがありましたが、食欲もあって、遊ぶ気もあって、ただ呼吸が苦しくているピッピに近い将来に安楽死を決断出来そうもなくて、、
へたれな飼い主が選んだ道でした。

今はピッピが無事に退院出来る事を願うだけです。
[PR]
by tomo0326s | 2012-03-18 22:35 | PIPPI | Comments(0)